Japanese

 

スペイン語の勉強方法おすすめ

始める前の心構えと準備 あなたがスペイン語を勉強してみようと思ったきっかけは何でしょうか? 観光に行こうと思っている国で話されているのがたまたまスペイン語だから? 身の回りにスペイン語話者がいて、もっとコミュニケーションをとってみたいと思ったから? それとも、なんとなく面白そうだから? どんなきっかけで始めるにしても、せっかく勉強するなら根気よく続けて、ぜひ話せるようになってみたいものですね。ここでは、スペイン語の勉強を始める前の心構えと準備について、ご紹介してみたいと思います。   モチベーション維持は必須!ーー目標を決める 何事もそうですが、スペイン語の勉強を続けていくうえでも、モチベーションをどうやって維持していくかがカギになります。そのために絶対欠かせないのが、目標を決めることです。スペイン語の勉強でどんな目標を設定できるのか、いくつか例を挙げてみたいと思います。 1. 身近にいるスペイン語話者ととにかくコミュニケーションをとってみたい! 急速に国際化が進む日本。スペイン語圏から来た人たちが身近にいるなら、仲良くなってみたいと思うのは自然なことですね。たとえば地元のコミュニティーにいるスペイン語話者にスペイン語で話しかけて、仲良くなってみたいと思うかもしれません。その場合、とりあえず簡単な挨拶を覚えて、スペイン語話者に話しかけてみることを目標にできるでしょう。スペイン語圏の人はフレンドリーな人が多いので、すぐに仲良くなれると思いますよ。 あるいは、同じ職場でスペイン語話者が働いているかもしれません。日本語をある程度話せる方も多いですが、時として細かいニュアンスが伝わらなくて、「スペイン語で説明できたら分かってもらえるのに…」ともどかしく思った方もおられるでしょう。せっかくですから、頑張って仕事上のコミュニケーションをスペイン語でできるようになることを目標にしてみるのはどうでしょうか。それがきっかけになって、将来思ってもみなかったチャンスが開かれるかもしれませんよ。 2. スペイン語圏を旅行してみたい! スペイン語は世界のいろいろな国で話されています。スペインはもちろん、メキシコからパナマまでの中米の国々(メキシコは厳密には北米)、キューバ・ドミニカ共和国などカリブ海地域、ベネズエラ・アルゼンチン・チリなどの南米の国々。さらに実はアフリカでも、赤道ギニアでスペイン語が公用語として話されています。また意外に思うかもしれませんが、アメリカにもかなりの数のスペイン語話者がいます。2010年の調査ではアメリカに住むヒスパニックは人口の16%以上で、黒人よりも多い割合です。例えばロスアンゼルスでは白人が30%弱なのに対しヒスパニックは50%近くで最大の割合を占めています。もちろんアメリカで生まれたヒスパニックの中にはスペイン語を話さない人もいますが、大人になってから移住してきた人たちの多くはやはり母語のスペイン語を普段から使っています。世界のスペイン語話者は4億人以上と言われています。 スペイン語圏は旅行先としても魅力的な国が多いです。現地の言葉を話せたら、旅の面白さが倍増するのは言うまでもありません。スペイン語圏の国に行ってみたいと思っているなら、旅先で役立つフレーズを一通りマスターするという目標を掲げてみるのはどうでしょうか。 3. DELEスペイン語検定にチャレンジしたい! DELEスペイン語検定とは、スペインの教育・職業訓練省の監督下で運営されているスペイン語検定です。国際的に高く信頼されており、日本で唯一のスペイン語の公認資格でもあります。入門レベルのA1から最上級のC2まで6段階に分かれているので、モチベーションを維持しながらスペイン語の学習を続けていきたいと思っている人にはうってつけの資格でしょう。 中には「いつかスペイン語圏の国で仕事を見つけて生活してみたい!」という夢を持っている方もおられるでしょう。国によっては日本人を対象にした求人がかなりあります。応募の際の必須条件として「日常会話レベル以上」と書かれていることがありますが、実際どの程度のレベルが求められているのかは分かりにくいものです。その点DELEを取得していれば、具体的に自分のスペイン語のレベルを提示できるのでその面でも有用です。「DELE B2(中上級)以上」などと指定されている求人もあります。 以上、いくつか考えられる目標を挙げてみました。人それぞれ、自分なりの「スペイン語を使ってやってみたいこと」があると思います。まずはそれを明確にしてみましょう。次に、それをスペイン語学習の具体的な目標に落とし込みます。「最近やる気が起きないな~」と思った時には、なぜスペイン語を勉強してみたいと思ったのか、初めに掲げた目標を思い出してください。「よし、頑張るぞ!」とモチベーションを維持する上できっと役立つと思いますよ!   正しい方法で勉強しよう!ーーアウトプットする環境を作る 言語の学習においては、インプットとアウトプットの両方が大切だとよく言われます。インプットとは読んだり聞いたりして情報を取り入れること、アウトプットとは取り入れた情報を話したり書いたりして発信することです。言語を学ぶ上で、まずはインプットに重点を置いて単語や文法を勉強するとよいでしょう。そもそもインプットしていない情報はアウトプットすることもできないわけですから、その大切さは明らかですね。 でも、アウトプットの大切さも無視できません。主にテレビや映画などを見て言語を学んだ人が、何の問題もなくネイティブの会話を聞いて理解できるのに、その言語で話そうとするとうまく出てこない、ということがあるようです。やはり話す能力は実際に口に出して発音することによって伸びていきます。これは聞く時と話す時に使われる脳の部位が違うことからも分かります。 ほとんどの学習者にとって、インプットの環境を作るのはそれほど大変ではないでしょう。スペイン語を勉強するための本やサイト・参考書などもたくさんあるので、そういったものを活用して情報を取り入れていくことができます。もちろんどんな言語の学習にも言えることですが、インプットは地味な勉強を長く続けることが求められるので根気がいりますが。 それに対してアウトプットの環境を作るのは少し難しいかもしれません。身近にネイティブのスペイン語話者がいれば積極的に話しかけるなどできますが、そうでない場合、実際に単語やフレーズを声に出して言ってみるだけでもいいと思います。書かれた文章を読んでいるだけよりも、スペイン語の発声に慣れていくことができます。 また、言語学習のアプリなども大いに活用するとよいでしょう。言語学習アプリ「リンゴディア(LingoDeer)」なら、ネイティブが話す短い動画を見た後、自分の発音を録音・再生できる機能があります。ワンフレーズずつネイティブの発音と聞き比べながら確認できるので、とても便利です。   隙間の時間を使う この記事を読んで下さっている皆さんは、きっと毎日の忙しいスケジュールの中、なんとか時間を作ってスペイン語の勉強を始めてみたいと思っている方が多いのではないでしょうか。それで、隙間の時間を活用しない手はありません。 出かける時にはカバンの中に参考書などを入れておいて、通勤・通学の電車の中やちょっとした待ち時間を有効活用して勉強している方は多いですね。でもカバンに入れるのを忘れてしまったり、カバンが重くなる欠点があります。リンゴディア(LingoDeer)のアプリはその点でも便利です。スマホにアプリをダウンロードしておけば、ちょっとした空き時間にいつでも勉強の続きができます。スマホはいつも持ち歩くものなので、カバンが重くならないのも嬉しいですね。   スペイン語独学ステップ ではこれから、スペイン語を学ぶ上でどんなステップを踏んでいけばよいのか、順に見ていきましょう。 1. スペイン語独自のアルファベットや綴り・発音を知る 以下がスペイン語のアルファベットです。 A  a   → ア B  b   → ベ(”V” と区別するため「ベ アルタ」「ベ グランデ」ということもある) C  c …

スペイン語の勉強方法おすすめ Read More »

フランス語の独学での勉強法―それぞれのメリットとデメリット―

フランス語を勉強するのはなぜ―フランス語を勉強するメリット― フランス語学習を始めるきっかけは何でしょうか?フランスには、ファッション、グルメ、芸術など様々な魅力があり、そういったフランス文化がきっかけで学習を始める人も多いと思います。 一方、この記事を読んでいる人の中には、フランス語の学習経験はなくても英語を学習したことのある人は多いと思います。実は、フランス語学習は英語学習にとってもメリットがあります。   フランスの文化に直接触れることができる フランスは、文学、美術、ファッション、料理などの芸術や文化で世界をリードする国です。よって、フランス語がわかるとフランスの芸術や文化により直接触れることができます。 また、フランスには魅力的な観光地がいくつもあります。パリなどの大都市では英語は通じますが、地方では観光地であってもほとんど通じないことも珍しくありません。さらに、フランス語で簡単な会話ができることで現地の人とぐっと距離が縮まり、旅を何倍も楽しむことができます。 世界中の多くの人と交流ができる フランス語はフランス本国だけでなく、スイス、ベルギー、ルクセンブルク、アフリカの国々、カナダなどで公用語として使われています。また、国連などの多くの国際機関の公用語の一つにも採用されています。そのため、フランス語を学ぶことで世界中の多くの人と交流することができます。 また、フランスは技術面でも世界をリードしていますので、フランス語ができることでビジネスのチャンスを増やすことができます。   英語学習にも効果がある フランス語学習は初めてでも英語学習をしたことのある人は多いのではないでしょうか? 歴史的な経緯から、英語にはフランス語が「外来語」として多く取り入れられているため、フランス語由来の単語やフレーズがたくさんあります。英単語として学習するdeja vu(デジャヴュ、既視感)、vis-a-vis(~に関して)、RSVP(=répondez s’il vous plaît、お返事ください)は英語学習者には読み方も分からない厄介な単語ですが、フランス語学習者であれば初心者レベルで簡単に覚えることができます。そのため、フランス語を学習することで英語の語彙力も伸ばすことができます。 また、英語以外の言語を勉強することで、日本語も含めたそれぞれの言語の特徴を知ることができ、その相乗効果によって英語学習にも良い効果が期待できます。 この記事では、独学でフランス語を学習するときに役立つ勉強法をまとめました。すでにフランス語を学習している人も、これから学習しようという人もぜひ参考にしてくださいね。   初心者がフランス語学習に持ちやすい誤解 フランス語は難しいというイメージを持っている人が多いと思いますが、それはなぜでしょうか?ここでは、フランス語を難しいと感じる原因についていくつか見てみましょう。   発音が難しい? フランス語には特徴的な音として「r」と「鼻母音」(口と同時に鼻からも息を出して発音する母音)があるため、発音が難しいと感じるかもしれません。 確かに「r」と「鼻母音」は日本語にはない音ですが、音としては比較的容易に聞きとることができるので、それを真似して練習することで発音をすることができます。また、英語にも日本語にはない音があるので、フランス語の発音が特別難しいというわけではありません。 さらに、フランス語を読むには綴り字の読み方の規則を覚える必要がありますが、こちらは覚えてしまえば例外が少ないので英語よりも簡単に感じる人も多いでしょう。   文法が難しい? フランス語には名詞に性があります。また、動詞の活用が多いので、文法が難しいと感じるかもしれません。 確かに英語にはない文法がフランス語にはあるためそう思うこともあるかもしれません。しかし、これらは英語以外の他のヨーロッパ言語から見ると特別なことではありません。例えば、ドイツ語の名詞には「男性名詞」「女性名詞」以外に「中性名詞」があります。 また、英語よりも複雑な分、文から正確に意味をとれるというメリットもあります。   このように、初心者がフランス語学習を難しいと感じる理由には英語との比較による部分が大きいと言えるでしょう。よって、最初からフランス語は難しいと身構えることなく、数多くある言語のひとつとして捉えると、フランス語が特別難しい言語ではないことにお気付きいただけるでしょう。   フランス語の発音と会話の勉強法 フランス語ネイティブのような発音や自然な表現を身に付けるには、ネイティブのフランス語を真似たり、ネイティブと会話の機会を作るのがオススメです。   ネイティブのフランス語音声のシャドーイング シャドーイングは、リスニング、スピーキング、発音の強化などに役立つ効果的な学習法です。フランス語には綴り字の読み方やリエゾンなどの発音のルールがありますので、その点での効果も期待できます。 このようにメリットの大きいシャドーイングですが、初めは難しく感じることが多いので、慣れるまではスピードを遅くしたり、易しい短文から始めるのがオススメです。また、独学では間違った発音をそのまま覚えてしまう可能性がありますので注意が必要です。   フランス語のネイティブと会話の機会を作る フランス語のネイティブとの会話では自然なフランス語表現を身に付けることができます。例えば、地域の教育機関が主催するフランス語圏の留学生が参加する国際交流イベントなどに参加してみるのもよいかもしれません。日本語や日本文化に興味を持った学生と知り合うことができるため、会話がスムーズに進む可能性が高くなります。また、ネイティブの友人を作ることはフランス語の学習になるだけではなくモチベーションの維持にも役立ちます。 ただし、独学で学習を始めたばかりの初心者はフランス語で十分なコミュニケーションをとることが難しいため、トラブルを少なくするためにも安全なものに参加するように心がけましょう。 フランス語単語の勉強法 オリジナルのフランス語ノートを作る 単語の学習には単語帳を使うのが一般的ですが、日頃の学習や生活の中で気になって調べた単語やフレーズなどを集めたオリジナルのフランス語ノートを作ってみるのはいかがでしょうか?自分にとって本当に必要な単語やフレーズが詰まったオリジナルのフランス語ノートは記憶に残りやすく、どんな単語帳やフレーズ集よりも使える特別な1冊になります。 この勉強法のデメリットとしては、ノートの作成に時間がかかることです。短期間である程度の頻出語を押さえたい場合は、市販の単語帳との併用を検討するのもよいでしょう。   フランス語のリスニングの勉強法 フランス語でラジオを聞く フランス語のラジオでは、生きたフランス語に触れることができます。聞き取りの練習になるだけでなく、作業や休憩をしているときに流しておけばフランス語に耳を慣らしながら気分転換をすることもできます。 例えば、無料で聴けるものにFRI(Radio …

フランス語の独学での勉強法―それぞれのメリットとデメリット― Read More »

中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介!

私が中国語に出会ったのは、もう30年以上前のこと。 小学校5年生のとき、母が観ていた台湾の映画を観たことが中国語に興味を持つきっかけとなりました。字幕をいっしょうけんめい目で追いながら聞こえてくる美しい発音に惹かれ、自分でも「話したい!」と思うようになりました。30年経った今もやっぱり、中国語の美しい発音を聞くと心が癒されます。 中国語の学習で大切なのは、「楽しい」と思いながら学ぶこと。 何かひとつの単語でも、フレーズでも話せるようになったり、聞いてわかるようになると、「楽しい!」「嬉しい!」と感じますよね。 ここでは、そんな「楽しい!」「嬉しい!」を感じながら中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介したいと思います。   目標設定 – 検定試験を受ける 中国語を習得するための大切なポイントは「目標を立てる」こと。目標を立てることで、方向性を見失しなわずに学習を進めることができるようになります。 ここでは目標設定に検定試験を利用することをおすすめします。 中国語の主流な検定試験は、中国政府公認で世界基準の中国語資格として知られる「HSK(汉语水平考试)」と、一般財団法人日本中国語検定協会が主催する「中国語検定試験」です。 これらの試験を利用することで学習の目標が明確化し、自分にあったレベルで学習でき、 また、試験によって客観的な評価が得られる、というメリットがあります。検定試験にはいくつかのレベルがあり、例えばHSKなら1~6級、中国語検定なら準4~1級までのレベルに分かれています。ここから、「HSK3級を目指したい」、「中国語検定4級を目指したい」など目標を立てます。それぞれのレベルに必要な語彙量、文法内容、リスニング、スピーキングの内容がある程度明確に案内されているので、計画的に学習を進めることができます。 「中国語を話せるようになりたい」と思っても、具体的な目標がなければ何をどのように学べば良いのかわからなくなってしまいます。目標を立てて、効率よく学習し、学習した内容の力試しをする。そのために検定試験を利用することはとても有効な手段であるといえます。   発音の勉強法 正しい発音の理解&発音を真似る練習 中国語には21の声母(子音)と38の韻母(母音)に加え約400の音節、そしてすべての音節に四声があり、全部で1600種類の発音があると言われています。 日本語は50音、そこに拗音、撥音を合わせても100種類程度になります。そのため、日本人にとって中国語を習得するのに最も難しいのは発音だと言われています。 発音をマスターするための重要なポイントは子音、母音の発音、四声をしっかりと身に付けることですが、そのときに自分の苦手な発音を知ることがとても大切です。 自分の苦手な発音をノートに書き出してみたり、テキストにマーカーで印をつけるのも良いでしょう。そして、その発音を繰り返し練習するようにします。 また、ひとつの単語を分解して発音練習することもおすすめです。 例えば、「称(cheng)」という発音が苦手だったとします。この「称(cheng)」をchとeとngにわけてゆっくり発音を確かめながらつなげていきます。何度も何度も繰り返し練習することで苦手な発音を克服できるようになります。 また、正しい発音を習得するためにネイティブの発音を真似ることもポイントです。 LingoDeerでネイティブの発音を聴くことができます。 インターネットを使ってネイティブの方と交流することもできますね。 このようなツールを使って、ネイティブの発音を真似たり、自分の発音を録音して聴いてもらうのも良い方法です。動画などで聴くことができる場合は、ネイティブの方の口元の動きにも注目し、動きも真似てみましょう。 そして、上述したように、苦手な発音を見つけたら繰り返し発音の練習をしましょう。   ピンインのおぼえ方 上述の通り、中国語の子音は21個、母音は36個で400余りの組み合わせ(音節)があります。一見、とても多く感じられますが、「絶対おぼえられない!」量ではありません。 子音と母音の発音をしっかりと身に付け、あとはこれらを組み合わせるだけ、 ピンインは「とにかくおぼえる!」こと。 テキストや小説、絵本、その他インターネットのニュースをコピーしたものなど、なんでも良いので、ピンインを書き込んでいきましょう。ピンインがわらかないときは辞書を使用します。根気のいる地道な作業ですが、何度か調べ、書いているうちに自然とおぼえられるよになります。また、現在は手書きの辞書ツールなどさまざまな便利アプリがあるので、活用するのもおすすめです。   単語の勉強法 中国語を学習する中で、「単語がおぼえられない!」という悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。ここでは、単語をおぼえるためのポイントや効率おぼえられる方法をご紹介します。コツを掴めば、単語学習も楽しくなりますよ! 【単語をおぼえるために必要なポイント】 ピンインをしっかりと身に付けておくこと 四声をしっかりと身に付けておくこと 単語学習をはじめる前に、ピンインと声調(四声)をしっかりと理解し、身に付けておくことはとても重要なポイントになります。特に四声は、発音が違うとことばの意味がまったく異なってしまうので、単語学習をはじめる前に、しっかりとマスターしておきましょう。 ピンインと四声をある程度マスターできたら、単語教材を準備しましょう。現在では書店やインターネットでたくさんの単語教材が販売されています。その中から、初心者向けの単語教材をいくつかご紹介します。 キクタン(入門編) 新ゼロからスタート中国語単語BASIC1000 品詞別・例文で覚える HSK基本語彙 1級-4級 ちなみに、初級の中国語検定試験に出題される語彙量は 新HSK1級:150語 新HSK2級:300語 中国語検定準4級:500語 中国語検定4級:500~1000語 語彙量の多さに驚いてしまうかもしれませんが、初級の単語は日本語と共通の語彙も多いので、おぼえやすい単語もたくさんあります。 また、中国語の単語には、1つの単語に対して複数の意味を持つものがあり、これが学習者の悩みとなることが多いようです。 …

中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介! Read More »

アメリカの英語スラング24選:恋愛トークで使う英語フレーズ

スラング(俗語)とは?   スラング(俗語)は、書き言葉よりも話し言葉でよく使われるくだけた言葉です。このようなくだけた話し言葉は、共通の知識による部分が多く、言葉の文字どおりの意味とはほとんど関係がありません。それは、アメリカのスラングも変わりません。そのため、語学学習者はネイティブスピーカーがスラングを使って話しているときに何を言っているのか理解するのに苦労することがあります。 たとえば、date という語は、誰かと 1 対 1 でロマンチックな時間を設けることを意味します。慣例的に、何かをしに出掛けたり(映画を見る、コンサートに行く)、食事をすることを意味します。これは、アメリカ人の恋愛トークで耳にする最も基本的なスラングの一つです。例えば they are dating (彼らは付き合っている)、I have a date tonight.(今晩、デートがある)などはよく耳にします。しかし、date の文字通りの意味は「数字で指定された特定の年または日」です。もしこのアメリカのスラングを理解していなければ、会話全体が分からなくなってしまいます。 恋愛関係においてスラングは特に重要です。アメリカでは、親密な恋愛関係はあまり堅苦しいものではありません。むしろ、形式張らないことや親密さがその特徴です。そのため、スラングは現代の恋愛関係のボキャブラリーの大部分を占めており、学習が大切になります。 ここで注意したいのは、学習で新しく覚えたスラングの単語やフレーズをすぐに使い始めたいと思っても、英語の基礎知識がなければ、適切にコミュニケーションを取ることができないという点です。 そのため、適切なコミュニケーションのための基礎ができるまではスラングは使用するべきではありません。もし英語の基礎力アップを目指すなら、ぜひLingoDeerをお試しください。LingoDeerには、英語をはじめとする多くの言語を学ぶための徹底した使いやすいカリキュラムがあります。もし基礎があり、さらに流暢さを伸ばすことを目指すなら、アメリカのスラングを学習することは必ず役に立ちます。英語の話し言葉をよりよく理解し表現する助けになるでしょう。 この記事では、特にアメリカ英語を話す人と恋愛関係について話をするときに知っていると役立つスラングについてご紹介します。知っておくべき恋愛トークで使うアメリカの英語スラング24選をご覧ください。   恋愛トークで使う英語のスラング(俗語):名詞   1. Babe 男女共通で「魅力的な人」という意味で使われます。このスラングを耳にしたことがあるかもしれませんが、古い言い方になるため頻繁には使われません。 【例文】 Chris is a babe. All the girls want to date him. クリスは人気者だよ。女の子はみんな彼とデートしたいと思っている。   2.Bae BAEはbabeに由来しています。babeよりも人気があり、babeのかわりにBAEが使われるようになりました。BAEはbefore anyone else(誰より先に)を意味し、彼氏や彼女を呼ぶときに使います。また、babeと同じように魅力的な人のことを言うときにも使えます。 【例文】 Mark is Ashley’s Bae. They’ve been together forever. …

アメリカの英語スラング24選:恋愛トークで使う英語フレーズ Read More »

フランス語の数字1-100

フランス語の数字1~100まで:フランス語の数の数え方の究極ガイド(完全保存版)

フランス語の数字は頭痛の種 Bonjour! もしあなたがフランス語を学習しているなら、フランス語の数字に不満を言い始めているかもしれませんね。この記事で、あなたはフランス語の数字マスターを目指すことができます。 私の名前はエデンです。フランス語を教えた経験が5年間あります。フランス語の数字の世界をご案内します。一般的な言語学習のコツをお探しですか?私たちのguide to language learning(言語学習のガイド)の確認をお忘れなく。 Vous êtes prêts ? Trois, deux, un… C’est parti! フランス語で数を数え始めましょう! AD フランス語の数字:1~100 フランス語の数字:1~10 まず最初は、基本から始めましょう。フランス語で1から10まで数えるのはとても簡単です。数字は全て独立しています。あなたはその数字をただ覚えるだけです。 0 Zéro 1 Un  2 Deux 3 Trois 4 Quatre 5 Cinq 6 Six 7 Sept 8 Huit 9 Neuf 10 Dix  Numbers Song In French(フランス語の数字の歌)、フランス語で1~10をどのように読むか聞いてみましょう! フランス語の数字:11~19 フランス語で10から20まで数えたら、2つのタイプがあることに気づくでしょう。つまり、独立した数字と組み合わせの数字です。 11-onze 12-douze 13 – treize 14 – quatorze 15 – quinze 16 – seize 17 – …

フランス語の数字1~100まで:フランス語の数の数え方の究極ガイド(完全保存版) Read More »