スペイン語の勉強方法おすすめ

スペイン語の勉強方法おすすめ

始める前の心構えと準備 あなたがスペイン語を勉強してみようと思ったきっかけは何でしょうか? 観光に行こうと思っている国で話されているのがたまたまスペイン語だから? 身の回りにスペイン語話者がいて、もっとコミュニケーションをとってみたいと思ったから? それとも、なんとなく面白そうだから? どんなきっかけで始めるにしても、せっかく勉強するなら根気よく続けて、ぜひ話せるようになってみたいものですね。ここでは、スペイン語の勉強を始める前の心構えと準備について、ご紹介してみたいと思います。   モチベーション維持は必須!ーー目標を決める 何事もそうですが、スペイン語の勉強を続けていくうえでも、モチベーションをどうやって維持していくかがカギになります。そのために絶対欠かせないのが、目標を決めることです。スペイン語の勉強でどんな目標を設定できるのか、いくつか例を挙げてみたいと思います。 1. 身近にいるスペイン語話者ととにかくコミュニケーションをとってみたい! 急速に国際化が進む日本。スペイン語圏から来た人たちが身近にいるなら、仲良くなってみたいと思うのは自然なことですね。たとえば地元のコミュニティーにいるスペイン語話者にスペイン語で話しかけて、仲良くなってみたいと思うかもしれません。その場合、とりあえず簡単な挨拶を覚えて、スペイン語話者に話しかけてみることを目標にできるでしょう。スペイン語圏の人はフレンドリーな人が多いので、すぐに仲良くなれると思いますよ。 あるいは、同じ職場でスペイン語話者が働いているかもしれません。日本語をある程度話せる方も多いですが、時として細かいニュアンスが伝わらなくて、「スペイン語で説明できたら分かってもらえるのに…」ともどかしく思った方もおられるでしょう。せっかくですから、頑張って仕事上のコミュニケーションをスペイン語でできるようになることを目標にしてみるのはどうでしょうか。それがきっかけになって、将来思ってもみなかったチャンスが開かれるかもしれませんよ。 2. スペイン語圏を旅行してみたい! スペイン語は世界のいろいろな国で話されています。スペインはもちろん、メキシコからパナマまでの中米の国々(メキシコは厳密には北米)、キューバ・ドミニカ共和国などカリブ海地域、ベネズエラ・アルゼンチン・チリなどの南米の国々。さらに実はアフリカでも、赤道ギニアでスペイン語が公用語として話されています。また意外に思うかもしれませんが、アメリカにもかなりの数のスペイン語話者がいます。2010年の調査ではアメリカに住むヒスパニックは人口の16%以上で、黒人よりも多い割合です。例えばロスアンゼルスでは白人が30%弱なのに対しヒスパニックは50%近くで最大の割合を占めています。もちろんアメリカで生まれたヒスパニックの中にはスペイン語を話さない人もいますが、大人になってから移住してきた人たちの多くはやはり母語のスペイン語を普段から使っています。世界のスペイン語話者は4億人以上と言われています。 スペイン語圏は旅行先としても魅力的な国が多いです。現地の言葉を話せたら、旅の面白さが倍増するのは言うまでもありません。スペイン語圏の国に行ってみたいと思っているなら、旅先で役立つフレーズを一通りマスターするという目標を掲げてみるのはどうでしょうか。 3. DELEスペイン語検定にチャレンジしたい! DELEスペイン語検定とは、スペインの教育・職業訓練省の監督下で運営されているスペイン語検定です。国際的に高く信頼されており、日本で唯一のスペイン語の公認資格でもあります。入門レベルのA1から最上級のC2まで6段階に分かれているので、モチベーションを維持しながらスペイン語の学習を続けていきたいと思っている人にはうってつけの資格でしょう。…

フランス語の独学での勉強法

フランス語の独学での勉強法―それぞれのメリットとデメリット―

フランス語を勉強するのはなぜ―フランス語を勉強するメリット― フランス語学習を始めるきっかけは何でしょうか?フランスには、ファッション、グルメ、芸術など様々な魅力があり、そういったフランス文化がきっかけで学習を始める人も多いと思います。 一方、この記事を読んでいる人の中には、フランス語の学習経験はなくても英語を学習したことのある人は多いと思います。実は、フランス語学習は英語学習にとってもメリットがあります。   フランスの文化に直接触れることができる フランスは、文学、美術、ファッション、料理などの芸術や文化で世界をリードする国です。よって、フランス語がわかるとフランスの芸術や文化により直接触れることができます。 また、フランスには魅力的な観光地がいくつもあります。パリなどの大都市では英語は通じますが、地方では観光地であってもほとんど通じないことも珍しくありません。さらに、フランス語で簡単な会話ができることで現地の人とぐっと距離が縮まり、旅を何倍も楽しむことができます。 世界中の多くの人と交流ができる フランス語はフランス本国だけでなく、スイス、ベルギー、ルクセンブルク、アフリカの国々、カナダなどで公用語として使われています。また、国連などの多くの国際機関の公用語の一つにも採用されています。そのため、フランス語を学ぶことで世界中の多くの人と交流することができます。 また、フランスは技術面でも世界をリードしていますので、フランス語ができることでビジネスのチャンスを増やすことができます。   英語学習にも効果がある フランス語学習は初めてでも英語学習をしたことのある人は多いのではないでしょうか? 歴史的な経緯から、英語にはフランス語が「外来語」として多く取り入れられているため、フランス語由来の単語やフレーズがたくさんあります。英単語として学習するdeja vu(デジャヴュ、既視感)、vis-a-vis(~に関して)、RSVP(=répondez s’il vous plaît、お返事ください)は英語学習者には読み方も分からない厄介な単語ですが、フランス語学習者であれば初心者レベルで簡単に覚えることができます。そのため、フランス語を学習することで英語の語彙力も伸ばすことができます。 また、英語以外の言語を勉強することで、日本語も含めたそれぞれの言語の特徴を知ることができ、その相乗効果によって英語学習にも良い効果が期待できます。 この記事では、独学でフランス語を学習するときに役立つ勉強法をまとめました。すでにフランス語を学習している人も、これから学習しようという人もぜひ参考にしてくださいね。…

中国語の初心者がやるべき勉強法

中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介!

私が中国語に出会ったのは、もう30年以上前のこと。 小学校5年生のとき、母が観ていた台湾の映画を観たことが中国語に興味を持つきっかけとなりました。字幕をいっしょうけんめい目で追いながら聞こえてくる美しい発音に惹かれ、自分でも「話したい!」と思うようになりました。30年経った今もやっぱり、中国語の美しい発音を聞くと心が癒されます。 中国語の学習で大切なのは、「楽しい」と思いながら学ぶこと。 何かひとつの単語でも、フレーズでも話せるようになったり、聞いてわかるようになると、「楽しい!」「嬉しい!」と感じますよね。 ここでは、そんな「楽しい!」「嬉しい!」を感じながら中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介したいと思います。   目標設定 – 検定試験を受ける 中国語を習得するための大切なポイントは「目標を立てる」こと。目標を立てることで、方向性を見失しなわずに学習を進めることができるようになります。 ここでは目標設定に検定試験を利用することをおすすめします。 中国語の主流な検定試験は、中国政府公認で世界基準の中国語資格として知られる「HSK(汉语水平考试)」と、一般財団法人日本中国語検定協会が主催する「中国語検定試験」です。 これらの試験を利用することで学習の目標が明確化し、自分にあったレベルで学習でき、 また、試験によって客観的な評価が得られる、というメリットがあります。検定試験にはいくつかのレベルがあり、例えばHSKなら1~6級、中国語検定なら準4~1級までのレベルに分かれています。ここから、「HSK3級を目指したい」、「中国語検定4級を目指したい」など目標を立てます。それぞれのレベルに必要な語彙量、文法内容、リスニング、スピーキングの内容がある程度明確に案内されているので、計画的に学習を進めることができます。 「中国語を話せるようになりたい」と思っても、具体的な目標がなければ何をどのように学べば良いのかわからなくなってしまいます。目標を立てて、効率よく学習し、学習した内容の力試しをする。そのために検定試験を利用することはとても有効な手段であるといえます。   発音の勉強法 正しい発音の理解&発音を真似る練習 中国語には21の声母(子音)と38の韻母(母音)に加え約400の音節、そしてすべての音節に四声があり、全部で1600種類の発音があると言われています。 日本語は50音、そこに拗音、撥音を合わせても100種類程度になります。そのため、日本人にとって中国語を習得するのに最も難しいのは発音だと言われています。…

アメリカの英語スラング24選:恋愛トークで使う英語フレーズ

スラング(俗語)とは?   スラング(俗語)は、書き言葉よりも話し言葉でよく使われるくだけた言葉です。このようなくだけた話し言葉は、共通の知識による部分が多く、言葉の文字どおりの意味とはほとんど関係がありません。それは、アメリカのスラングも変わりません。そのため、語学学習者はネイティブスピーカーがスラングを使って話しているときに何を言っているのか理解するのに苦労することがあります。 たとえば、date という語は、誰かと 1 対 1 でロマンチックな時間を設けることを意味します。慣例的に、何かをしに出掛けたり(映画を見る、コンサートに行く)、食事をすることを意味します。これは、アメリカ人の恋愛トークで耳にする最も基本的なスラングの一つです。例えば they are dating (彼らは付き合っている)、I have a date tonight.(今晩、デートがある)などはよく耳にします。しかし、date の文字通りの意味は「数字で指定された特定の年または日」です。もしこのアメリカのスラングを理解していなければ、会話全体が分からなくなってしまいます。 恋愛関係においてスラングは特に重要です。アメリカでは、親密な恋愛関係はあまり堅苦しいものではありません。むしろ、形式張らないことや親密さがその特徴です。そのため、スラングは現代の恋愛関係のボキャブラリーの大部分を占めており、学習が大切になります。 ここで注意したいのは、学習で新しく覚えたスラングの単語やフレーズをすぐに使い始めたいと思っても、英語の基礎知識がなければ、適切にコミュニケーションを取ることができないという点です。…

フランス語の数字1-100

フランス語の数字1~100まで:フランス語の数の数え方の究極ガイド(完全保存版)

フランス語の数字は頭痛の種 Bonjour! もしあなたがフランス語を学習しているなら、フランス語の数字に不満を言い始めているかもしれませんね。この記事で、あなたはフランス語の数字マスターを目指すことができます。 私の名前はエデンです。フランス語を教えた経験が5年間あります。フランス語の数字の世界をご案内します。一般的な言語学習のコツをお探しですか?私たちのguide to language learning(言語学習のガイド)の確認をお忘れなく。 Vous êtes prêts ? Trois, deux, un… C’est parti! フランス語で数を数え始めましょう! AD フランス語の数字:1~100 フランス語の数字:1~10…

【実体験レビュー】中国語勉強アプリlingodeerとduolingoリアルな感想

はじめまして!中国語を勉強中のmingziです。 今、世界的に中国が注目され、日本でも中国語を勉強する人が増えているのだとか。 日本人が中国語を勉強する目的はさまざま、ビジネスだったり、趣味だったり、中国人の方との交流だったり。。。 日本にもよく中国人観光客や在住中国人の方を見かけるようになりましたよね。 中国語を習得して、中国の方たちと実際にお話できるようになったら楽しい経験になりそう♪   さてさて、今日は少し私自身の中国語とのつながりについて紹介させてください。 私は、小さい頃から(なぜか)中国語が大好きでした。というのも、母がたくさん映画を観る人で、日本の映画はもちろん、 海外の映画もレンタルして来るので、母と一緒によく観ていました。そんな中で出会った「カンフーキッド」や「キョンシー」など 中国(台湾)映画がとても大好きになり、何度も何度も繰り返し観るようになりました。 特に、映画の中で話される言葉の響きの虜になり、小さいなりに「私も中国語を話せるようになりたい!」と思うようになりました。 話せるようになりたかったけど、その頃はまだ中国語学習のための本など簡単に入手できるものではなくて、 探しに探してやっと中国語の辞書をお年玉で買ったのをおぼえています。 その後、大学で勉強し、中国語会話教室にも行き、今は独学で勉強を続けています。     私がはじめて中国語に興味を持ったときとは違って、今ではたくさんの「中国語学習アプリ」が普及していますよね。 楽しみながら勉強できる学習アプリなんかもたくさんあって、どれにしようか迷うほど! 無料のものもたくさんあり、お試しでいろいろ体験してみて、自分に合ったものを探すのがおすすめです。 どんなに評価の良いものでも時分に合っていなかったら楽しく勉強できないし、中国語をマスターする夢からも遠ざかってしまいます。…