フランス語の独学での勉強法

フランス語の独学での勉強法―それぞれのメリットとデメリット―

フランス語を勉強するのはなぜ―フランス語を勉強するメリット― フランス語学習を始めるきっかけは何でしょうか?フランスには、ファッション、グルメ、芸術など様々な魅力があり、そういったフランス文化がきっかけで学習を始める人も多いと思います。 一方、この記事を読んでいる人の中には、フランス語の学習経験はなくても英語を学習したことのある人は多いと思います。実は、フランス語学習は英語学習にとってもメリットがあります。   フランスの文化に直接触れることができる フランスは、文学、美術、ファッション、料理などの芸術や文化で世界をリードする国です。よって、フランス語がわかるとフランスの芸術や文化により直接触れることができます。 また、フランスには魅力的な観光地がいくつもあります。パリなどの大都市では英語は通じますが、地方では観光地であってもほとんど通じないことも珍しくありません。さらに、フランス語で簡単な会話ができることで現地の人とぐっと距離が縮まり、旅を何倍も楽しむことができます。 世界中の多くの人と交流ができる フランス語はフランス本国だけでなく、スイス、ベルギー、ルクセンブルク、アフリカの国々、カナダなどで公用語として使われています。また、国連などの多くの国際機関の公用語の一つにも採用されています。そのため、フランス語を学ぶことで世界中の多くの人と交流することができます。 また、フランスは技術面でも世界をリードしていますので、フランス語ができることでビジネスのチャンスを増やすことができます。   英語学習にも効果がある フランス語学習は初めてでも英語学習をしたことのある人は多いのではないでしょうか? 歴史的な経緯から、英語にはフランス語が「外来語」として多く取り入れられているため、フランス語由来の単語やフレーズがたくさんあります。英単語として学習するdeja vu(デジャヴュ、既視感)、vis-a-vis(~に関して)、RSVP(=répondez s’il vous plaît、お返事ください)は英語学習者には読み方も分からない厄介な単語ですが、フランス語学習者であれば初心者レベルで簡単に覚えることができます。そのため、フランス語を学習することで英語の語彙力も伸ばすことができます。 また、英語以外の言語を勉強することで、日本語も含めたそれぞれの言語の特徴を知ることができ、その相乗効果によって英語学習にも良い効果が期待できます。 この記事では、独学でフランス語を学習するときに役立つ勉強法をまとめました。すでにフランス語を学習している人も、これから学習しようという人もぜひ参考にしてくださいね。…

アメリカの英語スラング24選:恋愛トークで使う英語フレーズ

スラング(俗語)とは?   スラング(俗語)は、書き言葉よりも話し言葉でよく使われるくだけた言葉です。このようなくだけた話し言葉は、共通の知識による部分が多く、言葉の文字どおりの意味とはほとんど関係がありません。それは、アメリカのスラングも変わりません。そのため、語学学習者はネイティブスピーカーがスラングを使って話しているときに何を言っているのか理解するのに苦労することがあります。 たとえば、date という語は、誰かと 1 対 1 でロマンチックな時間を設けることを意味します。慣例的に、何かをしに出掛けたり(映画を見る、コンサートに行く)、食事をすることを意味します。これは、アメリカ人の恋愛トークで耳にする最も基本的なスラングの一つです。例えば they are dating (彼らは付き合っている)、I have a date tonight.(今晩、デートがある)などはよく耳にします。しかし、date の文字通りの意味は「数字で指定された特定の年または日」です。もしこのアメリカのスラングを理解していなければ、会話全体が分からなくなってしまいます。 恋愛関係においてスラングは特に重要です。アメリカでは、親密な恋愛関係はあまり堅苦しいものではありません。むしろ、形式張らないことや親密さがその特徴です。そのため、スラングは現代の恋愛関係のボキャブラリーの大部分を占めており、学習が大切になります。 ここで注意したいのは、学習で新しく覚えたスラングの単語やフレーズをすぐに使い始めたいと思っても、英語の基礎知識がなければ、適切にコミュニケーションを取ることができないという点です。…