中国語の初心者がやるべき勉強法

中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介!

私が中国語に出会ったのは、もう30年以上前のこと。 小学校5年生のとき、母が観ていた台湾の映画を観たことが中国語に興味を持つきっかけとなりました。字幕をいっしょうけんめい目で追いながら聞こえてくる美しい発音に惹かれ、自分でも「話したい!」と思うようになりました。30年経った今もやっぱり、中国語の美しい発音を聞くと心が癒されます。 中国語の学習で大切なのは、「楽しい」と思いながら学ぶこと。 何かひとつの単語でも、フレーズでも話せるようになったり、聞いてわかるようになると、「楽しい!」「嬉しい!」と感じますよね。 ここでは、そんな「楽しい!」「嬉しい!」を感じながら中国語の初心者がやるべき勉強法をまとめて紹介したいと思います。   目標設定 – 検定試験を受ける 中国語を習得するための大切なポイントは「目標を立てる」こと。目標を立てることで、方向性を見失しなわずに学習を進めることができるようになります。 ここでは目標設定に検定試験を利用することをおすすめします。 中国語の主流な検定試験は、中国政府公認で世界基準の中国語資格として知られる「HSK(汉语水平考试)」と、一般財団法人日本中国語検定協会が主催する「中国語検定試験」です。 これらの試験を利用することで学習の目標が明確化し、自分にあったレベルで学習でき、 また、試験によって客観的な評価が得られる、というメリットがあります。検定試験にはいくつかのレベルがあり、例えばHSKなら1~6級、中国語検定なら準4~1級までのレベルに分かれています。ここから、「HSK3級を目指したい」、「中国語検定4級を目指したい」など目標を立てます。それぞれのレベルに必要な語彙量、文法内容、リスニング、スピーキングの内容がある程度明確に案内されているので、計画的に学習を進めることができます。 「中国語を話せるようになりたい」と思っても、具体的な目標がなければ何をどのように学べば良いのかわからなくなってしまいます。目標を立てて、効率よく学習し、学習した内容の力試しをする。そのために検定試験を利用することはとても有効な手段であるといえます。   発音の勉強法 正しい発音の理解&発音を真似る練習 中国語には21の声母(子音)と38の韻母(母音)に加え約400の音節、そしてすべての音節に四声があり、全部で1600種類の発音があると言われています。 日本語は50音、そこに拗音、撥音を合わせても100種類程度になります。そのため、日本人にとって中国語を習得するのに最も難しいのは発音だと言われています。…